がん保険【2018最新版】

ガン保険とは

現代の日本では、死因がガンである率が最も高く、3人に1人以上の割合で亡くなっています。これは3人家族であった場合、内1人がガンで亡くなるとも考えられます。このように死因率の高さが示されています。

 

近年では『2人に1人がガンになる』という時代が来ると言われていますが、これは『ガンになりやすい年齢別』によって変わってくるので何とも言えません。

 

ですが、このような現状から、「ガン保険」という医療保険が提供されるようになりました。現在言われているガン保険とは、民間医療保険の一つになります。

 

健康保険や高額療養費制度があるのでは?

 

日本には公的医療保険である健康保険がありますが、この保険は全ての病状を完全に対処できるものではなく、病気によっては対応しきれない部分もあります。

 

高額療養費制度を使えば、実質的な自己負担は少なくなりますが、ガンの治療や手術では、保険適用外の物もあり、治療をあきらめなければならないケースも出てきます。

 

ガン保険は、この対応しきれない部分を埋める様な役割を持っっています。

 

ガン保険は、30数年前に保険会社の一つ、アフラックが提供してから、様々な保険が提供されるようになっています。

 

普通の医療保険との違い

 

ガン保険の特徴は、対応できる病状が「ガン」に限定されていることです。

 

医師の診断によりガンだと確定した場合に、ガンの治療や入院・手術の際に給付金が支給されたりと、様々な保障がされます。

 

また特約等で、ガンだと診断された後に亡くなった場合も、保証金が支給されます。

 

ガンだと診断されない限りは保障の対象にはなりませんが、今後もガン患者が増えると予期されているので、ガン保険は広く提供されるサービスとなるでしょう。

 

 

page top