ガン保険のサービス内容

ガン保険のサービス内容

医療保険の一つである「ガン保険」は、提供している保険会社によってサービスが異なりますが、大きく分けると二つのタイプに分かれています。

 

まずは終身タイプのガン保険です。名前の通り、終生保険料を払いますが、保険も一生涯続きます。ガンと診断されれば、給付金が一生涯貰えます。保険料は契約時から変化しないのが一般的です。

 

また終身ガン保険には『60歳払い済みコース』もあります。これは保険料の支払いを60歳で終わらせるタイプです。支払が済んでいる61歳からは保険料を払う必要がないですが、保障は一生涯続くので安心です。

 

よくある更新タイプの保険

 

もう一つは更新タイプのガン保険です。10年更新となど、一つの契約に対して10年間の保険を与えるものが多いです。、50歳で10年契約の保険に加入した場合、60歳まで保険料を支払います。保障は期間内(ここでは10年)となります。

 

保険期間の10年を過ぎる(60歳になると)保障もなくなるので、ガン保険を続けたい場合は、新たに更新するか契約をしなければなりません。

 

年齢が高くなるほどガンが発生するリスクも高くなるので、比例して保険料も年齢が高いほど高くなります。契約を重ねるごとに一か月当たりの保険料が増えていくことになるのです。

page top