ガン保険の加入と格付け機関

ガン保険の加入と格付け機関

ガン保険は、ガンの告知を受けて治療も開始するときに役立つ保険です。ガンの治療には、高度先進医療などの治療方法を行う場合もあるので、予想以上に入院費が掛かる場合があります。

 

ガン保険の加入する場合、保証の内容はもちろんですが、保険会社の格付けも気になるところです。現在の経済情勢は、非常に不安定で大手の保険会社でも、破綻する可能性があると考えられます。保険会社の格付けを行っている機関の情報を参考にして、保険会社を選ぶ方法もあります。

 

ガン保険などの保険会社の格付けを行っている機関には、アメリカの「スタンダード&プアーズ」があります。格付けの情報は、格付け機関の独自の基準は、保険会社の資産力や顧客数、契約件数などさまざまな角度で格付けが行われています。しかし、これがガン保険の全ての基準ではないので、参考程度にしておきましょう。

 

格付けがすべてではありませんが・・・

 

スタンダード&プアーズのホームページから信用格付けをクリックして保険会社名をクリックすると保険財務力の格付けを閲覧することができます。

 

格付けの表示を見ると「AA」がアメリカンファミリー生命、東京海上日動あんしん生命、三井住友海上きらめき生命になります。

 

どこの保険会社のガン保険に加入するか迷ったときにこれらの格付けを参考するとよいでしょう。

page top