その他・共済

その他・共済記事一覧

女性を対象としているガン保険はたくさんありますが、今回はアリコのガン保険を紹介していきます。女性だけを対象としているアリコの保険で、名称はわたしのガン保険と言います。気になる保険料ですが、40歳の女性を例に挙げると、毎月2,326円の支払いが発生するのが基本的なプランで契約した場合です。もう少し内容が充実したプランになると毎月3,100円、入院時に給付金がもらえる場合のコースになると3,809円を...

『ガン保険』は各保険会社で扱かわれ、よく耳にし、加入している方も多くいるでしょう。では、ガン保険と同様の保障内容を提示する『ガン共済』とは、何が違うのでしょうか。『ガン保険』は、利益を得ようとする営利目的に扱う商品の事です。『ガン共済』は、それとは逆に非営利目的で、各種共済団体が扱う商品の事です。「JA/JF/CO・OP/全労済」などの団体があり、各種都道府県にも設けられています。共済の提供するガ...

アメリカンホームダイレクトの保険の中にももちろんガン保険はあります。今回は、ガン保険のひとつであるライフサイズガンという保険を紹介していきます。40歳の人の保険料を例に挙げると、基本的なプランでの契約の場合は毎月1,509円の保険料を支払う形になります。プランによって金額も変わり、基本的なAプランと比べて内容が充実するBプランになると毎月2,816円の保険料、さらに内容が充実したCプランになると毎...

ガン保険は色々ありますが、今回は東京海上日動あんしん生命でただ一つのガン保険であるガン治療支援保険という保険を紹介していきます。ガン治療支援保険は4種類あり、種類によって受け取ることのできる給付金や毎月支払うことになる保険料が変わってきます。最大で3倍もの差が出るので、一度ホームページで調べてみることをおすすめします。プランによっては、必要な保障と不要な保障を選択することができるのも特徴のひとつで...

三井住友海上きらめき生命で取り扱っているガン保険である、新ガン保険という保険を紹介していきます。新ガン保険の保険料は、33歳男性を例に挙げると、毎月1,347円以上の支払いが必要となってきます。これが最も基本的な10年定期のパターンで、終身保険になると4,017円以上の保険料の支払いが毎月必要となり、60歳満了型となると6,119円以上の保険料の支払いが必要になってきます。以上という表現にしてある...

ガン保険を扱う保険会社が数多く、どのガン保険が自分に合うのかと迷われる方もいるでしょう。やはり少しでも保険料は抑えたいと言う方は、割安な掛金を特徴とする保険がお薦めです。コープ共済生活協同組合が提供している『CO・OP共済≪あいぷらす≫』内のガン保険です。この中の「生命300万円ガン特約プラン」は、10年間変わらない掛金で抑えられます。80歳まで保障され、それ以降の更新では掛金が変わりますが、85...

ホームセキュリティで有名なセコムも、ガン保険を取り扱っています。セコム損害保険株式会社の自由診療保険メディコムというガン保険は、他のガン保険よりも大きなメリットがあります。それは、自由診療にかかる治療費を全額支払ってもらえるガン保険というメリットで、他のガン保険にはないメリットなのです。さて、気になる保険料ですが、基本的な保険料を挙げると33歳の男性の場合で、月額1,310円からとなっています。保...

ガン保険は、高度先進医療や手術を行う場合など、予想よりも多くの費用がかかる場合もあります。また、健康保険の適用にならない治療法を選ぶ場合もあるので、健康なときに加入すると良いでしょう。最近、アリコの保険をテレビのCMなどで見る人も多いのではないでしょうか。アリコはさまざまな保険が販売されており、ガン保険も販売されています。また、顧客のニーズに合わせた保障内容が多いようです。アリコのガン保険は、満1...

page top