『ガン保険』の一例 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

『ガン保険』の一例

三大疾病の1つであるガンは、誰しも避けたい病気で、早期発見が望まれるものです。しかし万が一、ガンが発病した場合の事を考えて、ガン保険の加入を考慮すべきでしょう。


今やガン保険は、多くの保険会社が取り扱っている定番の保険商品と言えます。その中の例として、富士生命の『ガン保険』の保障内容・ガン保険料を紹介しましょう。他の保険会社と違い、詳細を知りたい場合は、資料請求という形でのみ可能な様です。


ガン保険申し込み時は、医師の診断が不要で、6歳〜70歳が契約年齢の範囲です。保険期間と保険料払込期間共に、「終身タイプ」と「10年タイプ」を設けています。
「ガン死亡・高度障害保険金」⇒
死亡や障害の原因がガンの場合に支給される額で、80万円。
「ガン診断給付金特約」⇒ガンと判断された時点で支給される額で、200万円。
「ガン入院給付金」⇒ガンの入院で、1日目から支給される額で、日額1万円。
「ガン手術給付金」⇒ガンの施術後に支払われる額で、10万円〜40万円。
「ガン退院療養給付金」⇒ガン治療など入院を終え退院時に支給される額で、10万円。


またガン保険料は、特約などの付加によって変動しますので、各々確認が必要です。総体的に見て、女性は男性に比べ100円程、月額ガン保険料が高くなると言われています。


心身共に十分なサポートをして貰う為にも、じっくりガン保険を選びましょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う