ガン保険とは 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

ガン保険とは


現代の日本では、死因がガンである率が最も高く、3人に1人以上の割合で亡くなっています。これは3人家族であった場合、内1人がガンで亡くなるということで、死因率の高さが示されています。

このような現状から、「ガン保険」という医療保険が提供されるようになりました。現在言われているガン保険とは、民間医療保険の一つになります。


日本には公的医療保険である健康保険がありますが、この保険は全ての病状を完全に対処できるものではなく、病気によっては対応しきれない部分もあります。ガン保険はこの対応しきれない部分を埋める様な役割をもっており、30数年前に保険会社の一つアフラックが提供してから、様々な保険が提供されるようになりました。


ガン保険の特徴は、対応できる病状が「ガン」に限定されていることです。医師の診断によりガンだと確定した場合に、ガンの治療や入院・手術の際に給付金が支給されたりと、様々な保障がされます。ガンだと診断された後に亡くなった場合も、保証金が支給されます。


ガンだと診断されない限りは保障の対象にはなりませんが、今後もガン患者が増えると予期されているので、ガン保険は広く提供されるサービスとなるでしょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う