ガン保険の加入と注意点 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

ガン保険の加入と注意点

ガン保険は、万が一ガンを発病したときに、十分な治療を行うために備えるための保険です。

ガン保険は、国内、海外の保険会社から販売されています。ガンは、発症が分かっても、十分な治療を行えば治る可能性もある疾病です。日本では、脳卒中、心筋梗塞、ガンが死亡原因の上位に位置しており、脳卒中、心筋梗塞に比べると条件が厳しくない保険といえます。


ガン保険は、保険の適用が開始される時期やガンの症状で、保険会社の保証の内容に違いがあるので、ガン保険に加入する前に確認しておくと良いでしょう。また、保証される入院日額や日数にも違いがあるので加入前に確認しておきます。


一般的な生命保険の加入には、さまざまな特約が付加されているので、しっかりと販売員と話し合って決定する必要があります。ガン保険の場合は、保険が適用される内容がガンに特定されているので、ガンにかかれば保証されると考える顧客もいます。

ですが、実際には上皮内新生物と言われるガンの初期状態や責任開始日から一定の期間(90日が多いです。)を経過してからガン保険が適用されることもあるので、自分が入っているガン保険がどのようなものかしっかりと認識しておく必要があります。

ガン保険やそれ以外の保険でも、基本契約や特約の内容が理解できない場合は、特約店や販売員に理解できるまで説明を求めましょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う