『ガン保険・ガン共済』それぞれの特性 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

『ガン保険・ガン共済』それぞれの特性


『ガン保険』は各保険会社で扱かわれ、よく耳にし、加入している方も多くいるでしょう。では、ガン保険と同様の保障内容を提示する『ガン共済』とは、何が違うのでしょうか。


『ガン保険』は、利益を得ようとする営利目的に扱う商品の事です。
『ガン共済』は、それとは逆に非営利目的で、各種共済団体が扱う商品の事です。


「JA/JF/CO・OP/全労済」などの団体があり、各種都道府県にも設けられています。共済の提供するガンの保険は、『ガン共済』と明記し、『ガン保険』と区別しています。


『ガン保険』は、保険会社の立場から考えると、やはり保険金の支払額を抑えようとします。会社の利益を上げる為には、加入者への保障額が少ない方が、より利益向上に繋がります。保険金の支払いに消極的になる保険会社が多いのも、それらの原因があるでしょう。豊富な利点の反面、保障額・保険金などの支払いをめぐる争いがある事も、現実の1つです。


『ガン共済』も、最低限の経費を要しますが、保険会社に比べ利益目的でない点が魅力です。『ガン保険』に比べ、保障額・保険金の支給額も積極的に払ってくれるでしょう。月額掛金も抑えられ手頃に加入出来る分、ガン保険よりは保障内容の満足度は低くなります。


どちらの保険にも、記載された保障内容が専門的過ぎて分かりにくいという課題はあります。やはり一般の誰もが、記載内容に納得し、直ぐに理解出来る文章説明が求められています。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う