生存給付金5倍タイプ呼ばれるガン保険とは 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

生存給付金5倍タイプ呼ばれるガン保険とは


損保ジャパンひまわり生命が提供しているガン保険には、生存給付金5倍タイプ呼ばれる下は6歳から上は70歳までの幅広い年齢層をターゲットとしたガン保険があります。

この生存給付金5倍タイプのガン保険の保険の適用期間は10年間です。また、毎月支払う保険費用も適用期間に合わせ10年となっており、毎月支払う金額の中には二口プランと三口プランと呼ばれ支払い方法が用意されています。

生存給付金5倍タイプのガン保険に加入し、実際にガン保険が適用され場合に支払われる金額はその状況によって給付金と呼ばれる形で受け取る事ができます。病院へ行きガンと分かった場合に、ガン診断給付金呼ばれる給付金が発生し約200万から300万円まで支給されます。そして、ガンで入院するとガン入院給付金が発生しこれは1日2万から3万円、次に手術を受けるとガン手術給付金が発生します。

ガン手術給付金の場合2口プランでは20万から80万円まで支給され、3口プランでは30万から120万まで支給されます。次に、ガンと宣告されてから通院での治療を行う場合は1日1万から1万5千円まで支給されるガン通院保険給付金が発生します。ガンでお亡くなりなった場合は、ガン死亡保険金が発生し200万から300万円までが支給されるようになっています。

最後に5年毎に生存給付金呼ばれる給付金が発生し10万から15万円受け取る事が出来るようになっています。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う