特定疾病保障保険と呼ばれるガン保険 〜 がん保険

main_top_over_navi
main_top

特定疾病保障保険と呼ばれるガン保険

損保ジャパンひまわり生命が取り扱っているガン保険には、ガン以外の病気になっても保険が適用されるガン保険が用意されています。この保険は特定疾病保障保険と呼ばれ終身タイプと定期タイプの二つのタイプ分けて提供されています。


終身タイプの保険の場合契約できる年齢は18歳から55歳までとされ、定期タイプは40歳から70歳までとなっております。また、このガン保険の料金を支払う期間は終身の場合60歳払済が用いられ、定期タイプは10年毎の更新ですから10年がお支払いする期間となっております。


また、定期タイプは10年を経過しても90歳までは、契約上自動的に更新が出来るようになっています。この保険はガン以外の病気で支給される特定疾病保険ですから、急性心筋梗塞や脳卒中が発生した場合に保険の適用がされます。その時に支払われる金額は500万円だそうです。


そして、死亡時や重度な障害状態に陥った場合に死亡、高度障害保険金と呼ばれる給付金が支払われるようになっています。これも、脳卒中や急性心筋梗塞の時と同様に500万円支給されるようになっています。また、このガン保険はガン以外の病気でも適用される為、ガン専用の保険より高い掛け金が必要となっています。


特定疾病保障保険と呼ばれるガン保険の事をもっと詳しく知りたい場合は、パンフレットを取り寄せてみるとよいでしょう。


Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 がん保険 All Rights Reserved.

消費者金融と上手に付き合う